ダイエット、機能改善、肉体改造なら、伊丹市鴻池で唯一のパーソナルトレーニングジムへ。

夜間頻尿への対処

夜間頻尿(夜間に排尿するために頻繁に起きなければならないこと)は、特に高齢者の間で睡眠不足の一般的な原因です。 55 歳から 84 歳までの成人の 3 分の 2 近くが、少なくとも週に何回か体験しています。

軽度の場合は、夜中に少なくとも2回目が覚めます。ひどい場合には、5、6回も起き上がることがあります。当然のことながら、これは重大な睡眠不足や日中の疲労につながる可能性があります。

夜間頻尿は年齢とともにより一般的になります。年齢を重ねるにつれて、体液を保持できるようにする抗利尿ホルモンの生成が減少します。このホルモンの濃度が低いと、夜間により多くの尿が生成されます。また、加齢とともに膀胱の保持能力が低下する傾向があり、高齢者は膀胱に影響を与える医学的問題に苦しむ可能性が高くなります。

夜間頻尿には、心不全や糖尿病などの疾患、他の病状(尿路感染症、前立腺肥大、肝不全、多発性硬化症、睡眠時無呼吸症候群)、薬剤(特に利尿薬)など、他にも多数の原因が考えられます。場合によっては、夕食後の過剰な水分摂取、特にアルコールやカフェインを含む飲み物によって引き起こされたり、悪化したりすることがあります。

夜間頻尿の治療法は、医学的原因を修正する治療、行動的介入、薬物療法の 3 つのカテゴリに分類されます。最初のステップは、原因を特定して修正することです。これがうまくいかない場合は、就寝前の 2 時間の飲酒量、特にカフェインとアルコールの量を減らすなどの行動的なアプローチを試してください。夜間頻尿が続く場合、医師は過活動膀胱の治療薬として承認されている、ますます増えている薬のうちの 1 つを処方することがあります。最も一般的に使用されるのは、抗利尿ホルモンの作用の一部を模倣するデスモプレシン (DDAVP、Stimate) です。問題が膀胱の収縮の増加に起因する場合は、トルテロジン (デトロール) やオキシブチニン (ディトロパン) などの弛緩剤が効果的です。

睡眠の重要性については こちらをご覧ください。

*ハーバード大学医学部ニュースレターより抜粋

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◉ハーバード大学医学部認定ライフスタイル医学コーチ
◉米国NESTA認定・メンタルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・パーソナルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・腰痛予防改善スペシャリスト
◉米国NLPコーチング研究所認定・プロコーチ
​◉カナダSuccess Strategies社認定LABプロファイルプラクティショナー
◉社団法人メンタルウェルネストレーニング協会認定ビジョントレーニング・インストラクター
◉天庸流柔術準師範

目次