ダイエット、機能改善、肉体改造なら、伊丹市鴻池で唯一のパーソナルトレーニングジムへ。

潰瘍性大腸炎を改善させる食事とは

結腸と直腸に炎症を引き起こす潰瘍性大腸炎(UC)は医学的には完治できない難病指定された疾病ですが、特定のライフスタイル行動が症状を管理し、症状にうまく対処するのに役立ちます。ストレスを管理するだけでなく、食べるものに注意を払うことは生活の質に大きな影響を与える可能性があります。

潰瘍性大腸炎の管理に最適な単一の食事法はありません。実際、特定の食事が症状を改善することや、特定の食品が 潰瘍性大腸炎の再燃を引き起こすことを示した研究はありません。最善のアプローチは、症状を悪化させる食品を避けるか減らすことです。

例えば、地中海スタイルの食事など、新鮮な果物や野菜を豊富に含む、バランスのとれた健康的な食事を摂ることが必要となります。そしてカラギーナン、カルボキシメチルセルロース、ポリソルベート 80 などの防腐剤や乳化剤は避けるようにしましょう。

管理栄養士にあなたのために特別な食事計画を立ててもらうと役立つかもしれません。栄養士はまず、症状の再燃を引き起こしたり、症状を悪化させたりする可能性のある食品を特定したいと考えます。

低糖質、ベジタリアン、パレオダイエットなど、特定の特殊な食事療法を行うことが、潰瘍性大腸炎の寛解維持に何らかの効果があるという強力な証拠はありません。

炎症性腸疾患に加えて過敏性腸症候群(IBS)がある場合は、低FODMAP食が役立つ場合があります。 FODMAP は、発酵性オリゴ糖、二糖、単糖、ポリオールとして知られる短鎖炭水化物を表します。高FODMAP食品を食べる人の中には、下痢、膨満感、腹痛、鼓腸などの問題のリスクが高まる人もいます。 FODMAP には次のものが含まれます。

  • 乳糖などの二糖類(牛乳やその他の乳製品に含まれる)
  • フルクトースなどの単糖類(リンゴや蜂蜜などに含まれる)
  • フルクタン(小麦、玉ねぎ、ニンニクなどに含まれる)やガラクタン(豆、レンズ豆、大豆などに一般的に含まれる)などのオリゴ糖
  • ソルビトールやマンニトールなどのポリオール(一部の果物、野菜、人工甘味料に含まれる)。

低FODMAP食は、潰瘍性大腸炎も良好にコントロールされているIBS患者の腹痛、膨満感、下痢を軽減し、便の粘稠度を改善するのに役立ちます。 FODMAP 削減を食事計画にどのように組み込むかについては、医師や栄養士に相談してください。

*ハーバード大学医学部ニュースレターより抜粋 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◉ハーバード大学医学部認定ライフスタイル医学コーチ
◉米国NESTA認定・メンタルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・パーソナルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・腰痛予防改善スペシャリスト
◉米国NLPコーチング研究所認定・プロコーチ
​◉カナダSuccess Strategies社認定LABプロファイルプラクティショナー
◉社団法人メンタルウェルネストレーニング協会認定ビジョントレーニング・インストラクター
◉天庸流柔術準師範

目次