ダイエット、機能改善、肉体改造なら、伊丹市鴻池で唯一のパーソナルトレーニングジムへ。

心配することを心配していませんか?(全般性不安障害)

私たちは皆心配します。今日では、心配すべきことが尽きないようです。もちろん、時々不安を感じるのは正常なことであり、実際、一時的な不安は、不確実性や危険に対する健全な反応である可能性があります。しかし、絶え間ない心配は、「全般性不安障害 (GAD) 」の兆候である可能性があります。

目次

あなたは不安障害を患っている?

米国の国立精神衛生研究所によると、米国の成人の推定 5.7% が GAD を経験しています。他のタイプの不安障害は特定の状況から発生しますが、全般性不安障害は持続性があり、日常の事柄について衰弱させる心配や動揺を特徴とします。

全般性不安障害の人は、何か悪いことが起こるのではないかという感覚を払拭することができず、備えができません。約束を欠席したり、失業したり、事故に遭ったりするのではないかと過度に心配するかもしれません。心配しすぎて心配になる人もいます。

全般性不安障害の症状

  • 少なくとも 6 か月間、さまざまな事柄についての持続的で過剰な心配
  • 疲労、睡眠困難、または落ち着きのなさ
  • 集中力の低下
  • イライラ
  • 筋肉の緊張
  • 緊張感または「緊張感」を感じる

あなたが全般性不安障害の基準を満たしているかどうかを判断できるのは「医師」だけです。この症状があるかもしれないと思われる場合は、ためらわずに主治医に相談してください。この症状の本当に不快な症状を軽減できるさまざまな治療法がたくさんあります。

身体的な症状もよく見られ、心臓の高鳴り、口渇、胃のむかつき、筋肉の緊張、発汗、震え、過敏症などが含まれます。このような不安の身体的表現は、身体の健康に悪影響を与える可能性があります。たとえば、全般性不安障害のある人は、心臓発作やその他の心血管疾患のリスクが高くなります。

不安症の治療について

全般性不安障害がある場合、医師は次の治療法について話し合うことがあります。

  • 治療。一部の人にとっては、認知行動療法 (CBT) が役立つ場合があります。 CBT は、人々が出来事を誤解したり、困難を誇張したり、不必要に悲観的な仮定を立てたりしていることを認識するのに役立ち、不安を引き起こす状況に対応する新しい方法を提供します。
  • 薬。一般的に処方される薬には、選択的セロトニン再取り込み阻害剤 (プロザックやゾロフトなど) やセロトニンとノルエピネフリンの二重再取り込み阻害剤 (エフェクサーやサインバルタなど) などの抗うつ薬が含まれます。これらの薬は従来の抗不安薬よりも効果が現れるまでに時間がかかりますが、時間の経過とともに症状がより大きく軽減される可能性もあります。

*ハーバード大学医学部ニュースレターより抜粋

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◉ハーバード大学医学部認定ライフスタイル医学コーチ
◉米国NESTA認定・メンタルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・パーソナルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・腰痛予防改善スペシャリスト
◉米国NLPコーチング研究所認定・プロコーチ
​◉カナダSuccess Strategies社認定LABプロファイルプラクティショナー
◉社団法人メンタルウェルネストレーニング協会認定ビジョントレーニング・インストラクター
◉天庸流柔術準師範

目次