ダイエット、機能改善、肉体改造なら、伊丹市鴻池で唯一のパーソナルトレーニングジムへ。

運動を始めよう!

あなたが受け継いだかもしれない「悪い遺伝子」に関係なく、身体的に活動的であれば寿命を延ばすことができます。年齢を問わず、運動は心血管疾患を含む多くの慢性的な健康上の問題を防ぎます。体重をコントロールし、血圧、脂質レベル、凝固因子、炎症、血管全体の健康状態を改善するのに役立ちます。

身体活動は、体が生成するインスリンに対する筋肉細胞の感受性を高めるため、2 型糖尿病の発症リスクを下げることができます。アメリカの連邦糖尿病予防プログラムでは、適度なライフスタイルの変更により 2 型糖尿病の発症が 58% 遅延または予防されました。これは、糖尿病治療薬メトホルミンで達成された率よりも優れています。

運動は、特に女性において、HDL コレステロールのレベルを下げる低脂肪、低カロリーの食事の傾向を克服することもできます。古典的なスタンフォード体重管理プロジェクトでは、低脂肪食を摂取している女性の HDL レベルが 1 年間で 7% 低下しました。しかし、食事と運動(週に約13マイルのウォーキングまたはジョギング)を組み合わせた女性は、体重が減り、総コレステロール値とLDLコレステロール値が下がっただけでなく、HDL値も上昇しました。男性の場合、低脂肪食ではHDLレベルは変化しませんでしたが、食事と運動を組み合わせるとHDLレベルが大幅に増加しました。

すでに心臓病を患っている場合でも、体力を少し向上させるだけで心血管リスクに大きな違いが生じる可能性があります。心臓に問題がある場合、またはトレーニング中に胸痛を経験した場合は、運動療法を開始する前に医師に相談してください。徐々に始めて過度の運動を避け、胸の痛み、脚のけいれん、過度の息切れ、動悸、またはふらつきがある場合はすぐに医師の診察を受けることで、身体活動のリスクを最小限に抑えることができます。このような症状は心臓、肺、神経系、血管の疾患を示唆している可能性があるため、医師の診断が重要です。

目次

どれくらい運動すべき?

定期的な身体活動にはさまざまな健康上の利点があることを考慮して、2008 年のアメリカ人のための身体活動ガイドラインでは、中強度の身体活動を週に少なくとも 150 分 (2 時間 30 分)、または 週に75 分 (1 時間 15 分)の高強度の運動を行うことを推奨しています。 中程度の有酸素運動と高強度の有酸素運動を同様に組み合わせて行うこともできます。

どうやったら運動を始め、そして続けられるのか?

運動プログラムを開始する前に医師に相談することをお勧めします。ただし、次のすべての質問に正直に「いいえ」と答えることができれば、おそらく安全に運動を始めることができます。

  • あなたの医師はあなたが心臓病を患っていると示唆したことがありますか?
  • 心臓や胸に痛みが頻繁にありますか?
  • 頻繁に気が遠くなったり、ひどいめまいに襲われたりしますか?
  • 医師からあなたの血圧が高すぎると言われたことがありますか?
  • 関節炎などの骨や関節の問題が運動によって悪化したり、悪化する可能性があると医師から言われたことがありますか?
  • あなたは65歳以上で、激しい運動に慣れていませんか?
  • ここに記載されていない、運動をしてはいけない正当な理由はありますか?

これらの質問のいずれかに「はい」と答えた場合は、運動する前に医師の診察を受けてください。医師は病歴を聞き、身体検査を行い、また、あなたが 35 歳以上で座ってばかりいる場合には、微妙な冠動脈疾患、心臓の大きさの異常、または心拍リズムの異常の兆候を探すために ECG 検査を提案する場合があります。

*ハーバード大学医学部ニュースレターより抜粋

*ハートコーチングフィットネス伊丹鴻池では、男女ともに65歳以上の方も多数、安全かつ中強度のトレーニングを行い、機能改善、体力増強に励んでいます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◉ハーバード大学医学部認定ライフスタイル医学コーチ
◉米国NESTA認定・メンタルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・パーソナルフィットネストレーナー
◉米国NESTA認定・腰痛予防改善スペシャリスト
◉米国NLPコーチング研究所認定・プロコーチ
​◉カナダSuccess Strategies社認定LABプロファイルプラクティショナー
◉社団法人メンタルウェルネストレーニング協会認定ビジョントレーニング・インストラクター
◉天庸流柔術準師範

目次